押し花を使ったキャンドルのアイディアや作り方

みなさまこんにちは!!

今回は押し花を使った今最も注目されているボタニカルキャンドルの作り方やアイディアを紹介して行きます。

スポンサーリンク
レクタングル大

押し花を使ったキャンドルアイディア

色々写真を載せてボタニカルキャンドルのアイディアを紹介して行きます!

こちらはジェルを使ってドライフラワーやドライフルーツを固めたキャンドルです。

ジェルのおかげでキラキラ感が出ていてキレイですね♪

こちらもジェルキャンドルを使って固めた押し花やドライフルーツを使っています!

まるで水の中に浮かぶ水草に見えてオシャレです!

こちらの作品は好きな型を使って作ったキャンドルに押し花やドライフルーツ、スパイスを使ったサシェと呼ばれる物です。

キャンドル芯は無いので火をつける事はできませんが、自分の好きな花やフルーツ、スパイスなどを使えばとっても華やかな香りを感じることが出来ますし、オリジナルのサシェを簡単に作ることができますのでオススメです。

こちらは様々な押し花やドライフラワーを使って作ったボタニカルキャンドルです。

前に置いてあるキャンドルで作ったマカロンも本物見たいで、可愛いですね♪

ボタニカルキャンドル

こちらはフルーツや押し花を使ったボタニカルキャンドルです。

火をつけると華やかな香りと甘いフルーツの香りが広がります。

押し花を使ったキャンドルの作り方

ここからは押し花を使ったキャンドルの作り方をご紹介していきます!!

必要な材料

好きな押し花(ドライフラワーでもOK)

ソイワックスキャンドルベース

ソイワックス

アロマオイル好きな香り

温度計

耐熱ガラス製のキャンドル用の型

鍋キャンドル用

割り箸

竹串

IHヒーター

手順

①用意したソイワックスキャンドルベースをガラス製の筒に入れます。

②筒とキャンドルの間に押し花を入れていきます。竹串などで形を整えます。

③ソイワックスを鍋に入れて温度計を入れて約90度になったらアロマオイルを入れて70度になるまで冷まします。

④冷めたら②に流し込みます。

⑤キャンドル芯が倒れないように割り箸に固定してキャンドルが固まるまで待ちます。大きさにもよりますが半日から1日は固まるまで型から外さないようにしましょう!

⑥冷めたら優しくガラスの型から外して完成です!!

注意事項として火をつける際に花が燃えないように注意して下さい。

燃え移ったらすぐに火を消しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

押し花を使うと見栄えも良くなりますし、香りもするのでいやし効果も抜群です!

好きな押し花と香りを使えば組み合わせも無限大ですので、ぜひ色々なボタニカルキャンドルを作って見てください!

その辺に生えているキレイなお花を押し花にして作るのも楽しいと思います!!

スポンサーリンク
レクタングル大