キャンドルはマイナスイオンを発生させる事ができるって本当なの??

スポンサーリンク
レクタングル大

リラックス効果だけじゃない!?アロマキャンドルはマイナスイオンを生み出せる!!

アロマキャンドルってアロマの効果であるリラックス効果や癒やしなど集中力を上げたい、気分をリフレッシュしたいときなどに良く使われており実際にその様な時に効果を発揮します!!

しかし実はアロマキャンドルにはそれだけでは無く、滝や森林浴などをすると発生すると言われているマイナスイオンを生み出す事が出来るのです!!

今回はマイナスイオンが生み出すことが出来る素晴らしいキャンドルの効果をご紹介していきますね!!

マイナスイオンとキャンドルの関係について

マイナスイオンの基本的な効果とは空気中のホコリやチリを除去して空間の空気をキレイする効果がります!!

さらにあまり知らていない効果としては植物や動物の寿命や成長を促進させる効果があることが分かっています!!人間に当てはまるかはまだ研究などで明らかにされていません。

またマイナスイオンは鮮度維持にも大変効果があり、野菜や魚、肉などの保存を長期的に引き伸ばす事が可能です!!

そしてアロマキャンドルは滝や森林浴よりも多くのマイナスイオンを生み出せることができます!!

森や森林浴は3000から5000ほどの個体のマイナスイオンを生み出せますが、アロマキャンドルは火をつけることで微量の水分が飛びそこからマイナスイオンが生まれます!!

キャンドルからマイナスイオンを生み出せる数はおよそ2万個と言われていますので、明らかに森林浴や滝よりもマイナスイオンを生み出せることができます!

これはビックリな効果ですよね!!

さらにキャンドルの中でもマイナスイオンをより多く生み出せるのが天然の蜜蝋を使ったキャンドルです!!

天然の素材で作らているので有毒な成分なども一切出ませんし、何よりほのかにハチミツの様な甘い

香りもしますのでさらなるリラックス効果があります!!

気をつけたいアロマキャンドルの原材料について

蜜蝋がとてもマイナスイオンを生み出す事が出来ると書きましたが、実は逆にあまり良くない原材料もあります。

それは大量生産に向いているパラフィンを原材料にしたキャンドルです!!

パラフィンは石油由来の物で石油が作られたあとに残る副産物で作られており、火をつけるだけで有害な成分が出てくると言われています。

なのでパラフィンを使ったキャンドルはマイナスイオンを生み出せるとしても、結果的に有害な成分も出しているので、プラマイ0です。

マイナスイオンの効果を充分得るには天然素材の原材料であるソイや蜜蝋のワックスを使いましょう!!

まとめ

アロマキャンドルには大量のマイナスイオンを作る事が出来る事が分かったと思いますが、成分によって効果が無くなります。

よってまずキャンドルは原材料を見てしっかりと見極めて行きましょう!!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大