アロマキャンドルの匂いがしないのはなぜ!?

スポンサーリンク
レクタングル大

アロマキャンドルの匂いがしない理由

yuka20160818230216_tp_v

アロマキャンドルの匂いはとってもリラックス効果も高いものが多いいですし、種類も豊富で種類によっては何100種類となり本当に多種多様な匂いがあります。

今回はそんなアロマキャンドルの匂いがしない理由を詳しくお伝えしていきます。

アロマキャンドルの匂いがしないのはなぜ?

アロマキャンドルは基本的に観賞用に作られていたり、安価なアロマキャンドルは安い香料を使っているので、付けた瞬間などは匂いがするのですが、そのあとは本当に近づかないと匂いがしないアロマキャンドルも多いです。

よって、あまりに安いアロマキャンドルは買わない事をオススメします!!

素材の違いでも匂いは変わる!?

キャンドルの原料は実は様々な素材を使って作られています。

品質の良いキャンドルは天然素材である蜜蝋や、大豆から作られたソイワックスを使用しているので、身体に害のある物質は無く安心して使うことができます。

逆に天然の素材ではない、パラフィンワックスやマイクロワックスなどは石油由来の原料から作られていいますので、火をつけた時に害のある物質が一緒に溶け出してしまいます。

安いアロマキャンドルほどこのパラフィンワックスを使用している事が多いので注意しましょう。

またパラフィンワックスは匂いが飛びやすく、安い人工的な香料で匂いを付けているため匂いがしないキャンドルが多いのも事実です。

これには驚きですね!!

まとめ

匂いがしないアロマキャンドルは基本的に安価で粗悪なアロマキャンドルです。

人工的な香料で匂いをごまかし、天然の素材を使っていないので匂いも弱くなる一方です。

よってキャンドルを購入する場合は、天然素材である蜜蝋やソイワックスのキャンドルで香料も天然のエッセンシャルオイルなどを使ったキャンドルを買ったほうが断然に匂いが強いのでおすすめです!!

スポンサーリンク
レクタングル大