アロマキャンドルの火の消し方

スポンサーリンク
レクタングル大

アロマキャンドルの火について

yuka20160818230216_tp_v

アロマキャンドルの火は使い方や注意点を理解しないと大変危険なものです。

例えば火を灯しながら寝るのは火が強くなりほかの物に燃え移り火事を引き起こしかねません。

また室内で火を使うので、火をつける時は近くに燃えるものが無いかを必ず確認してから使いましょう。

ここまでは火の扱い方を説明して来ましたが、今回はその後の火の消し方をご紹介していきます!

火の消し方は多くの人が誤解しているであろう口から息を吹きかけて消すのが正しいと思っている人が実に多いですが、これは実は誤った消し方です。

火の消し方について

アロマキャンドルの火の消し方は色々な方法があります。

今回はいくつかのポイントに分けてご紹介していこうと思います!

・キャンドルに蓋をして火を消す。

キャンドルに蓋が出来るような容器を持っていれば蓋をすることで空気が遮断されて簡単に火を消すことができます。このやり方が一番簡単で安全な火の消し方です。

・霧吹きをかける

霧吹きを吹きかければ火は消せますが、水がロウに付着してしまい、ロウの劣化につながり、次に使う時に溶けやすくなり、すぐにロウが無くなる恐れがあります。よってこの消し方はあまりおすすめしません。

・キャンドルの芯をピンセットでつまみ溶けているロウにひたして消す

キャンドル業界ではこの消し方が一般的です。ピンセットでつまめば簡単に火を消せますし。次に使う時にキャンドル芯を立てて置けば簡単に使うことができるのも良いですね。

火を消した後について

ロウは油と同じ性質を持っており、何回も火を通すことで劣化して嫌な香りを発生させます。

よって火を消した後は溶けて固まったロウをピンセットなどで取りそのまま捨てて下さい。

そうする事で毎回嫌な匂いがせず、アロマキャンドルを楽しむ事が可能になります!

すこしめんどくさいかも知れませんが、やっておいた方が長い間アロマキャンドルを楽しめます。

まとめ

アロマキャンドルは火をつけて楽しむものですので、今回ご紹介したポイントを忘れずに行いましょう!そうすることでもっと楽しくアロマキャンドルを扱う事ができるようになりますし、

変なトラブルなども起きずに使い切る事ができるはずです!!

スポンサーリンク
レクタングル大