身体にもやさしい天然素材で作るアロマキャンドル

スポンサーリンク
レクタングル大

アロマキャンドルの天然素材について

145ae9ea954f8629401f898c38573b42_s

アロマキャンドルに使われる天然素材はいくつか種類がありますので、

1つずつ紹介していきます!

まずはキャンドルの原料であるワックス素材です!!

天然とはなるべく自然に近い状態で作られた天然由来の成分で作ったキャンドルです。

大豆を使ったソイワックスやはちみつから作ったとされる蜜蝋があります。

天然素材なのでパラフィンワックスなどの人工的に作られたワックスよりも高価になります。

パームワックスと呼ばれるヤシの木から作られたワックスもありますが単体でではひび割れなど温度管理も難しいのでパラフィンワックスなどと混ぜて使うのが一般的な使い方です。

よって蜜蝋やソイワックスが一番天然に近く身体にも優しいワックスといえます。

パラフィンワックスなど石油由来のワックスは身体にどう影響が出るのか?

石油由来のワックスは白い色ロウソクの原料になっているワックスで一般的に流通している大半はこのパラフィンワックスです。

石油由来の成分は昔から使われていましたが、個々近年の研究の成果によりどうやら火を燃やし続ける事で煙が出ますがその煙にはタバコと同じくらい有害な物質が含まれており、発がん性物質も発見されています。

よってパラフィンワックスは少なからず天然素材のキャンドルよりも危険性があることは間違いないです。

天然の香りについて

実はアロマキャンドルの香りも天然由来のエッセンシャルオイルが存在しますが香りをたくさん添加しないと出来上がった後に香りが飛んでしまいますのでかなりのコストがかかりますが天然の成分なので仕方ないかと思います。

逆に身体に影響もあるのが安価な香料を大量に使うことです!!香料は発がん性を含んでいる成分も中にはありますので気をつけてつくぁないと危険です!!

よって、天然由来ののエッセンシャルオイルの方が身体にも優しい事がわかりますね!!

まとめ

ここまで紹介したとおり、天然の成分を使えば、身体にも優しくリラックス効果があふれるアロマキャンドルを作る事が出来ますね!!

ぜひすべて天然の素材を使って体に優しいアロマキャンドルを作ってみて下さい♪

スポンサーリンク
レクタングル大