ラベンダーボタニカルキャンドルの作り方

スポンサーリンク
レクタングル大

ラベンダーの香り

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-1-17-53

ラベンダーは日本では北海道の富良野などが有名ですが、元々はヨーロッパの地中海沿岸で育てられたとされています。

ラベンダーにはリラックス効果や鎮静作用があり香りを嗅ぐだけで気分を落ち着かせてくれます。また抗菌作用や防虫効果も実証されており、害虫よけにも使えますので用途は多岐にわたります。

緊張をゆるやかに和らげるので、短気な人やイライラしやすい人におすすめです。このラベンダーの香りはアロマとして良く用いられており、もちろんアロマキャンドルの香りの中でも人気があります!

今回はこのラベンダーのエッセンシャルオイルとドライフラワーを使ったスペシャルなリラックスボタニカルキャンドルの作り方を紹介します。

ラベンダーの香りで身も心もストレスから開放してあげてください。

ラベンダーを使ったボタニカルアロマキャンドルの作り方

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-1-16-36

材料・道具

お好みのワックスや蜜蝋を使ったキャンドル本体

パラフィンワックス 適量

エッセンシャルオイルラベンダー

ラベンダーのドライフラワー

(※無ければエッセンシャルオイルだけでもよい)

温度計

ホーロービーカー

金型  キャンドル本体よりも大きい金型

手順

1、まず金型とお好みのキャンドルを用意し、キャンドル本体を金型の中心に入れます。

2、金型とキャンドルの間の空洞にラベンダーのドライフラワーを敷き詰めます。

(※入れ過ぎないように注意。)

3、ホーロービーカーにパラフィンワックスを約90℃で溶かします。溶かしたらラベンダーのエッセンシャルオイルを入れて軽く温度計で混ぜます。

4,溶かしたワックスを金型とキャンドル本体の空洞に注ぎます。

5、冷めて固まったら金型からキャンドルを外すとラベンダーボタニカルキャンドルの完成です。

このままでも充分に香りますので火を灯さずにもお楽しみいただけます。

(※火を灯す場合はドライフラワーに火がつかないよう注意して下さい。)

まとめ

今回はエッセンシャルオイルドライフラワーもラベンダーを使った、ラベンダー尽くしのリラックスボタニカルキャンドルの作り方を紹介しましたが、

これを応用する事で、柑橘類のスウィートオレンジとドライフルーツであるオレンジなどを入れれば爽やかな香りで元気になれるオレンジボタニカルキャンドルにもなりますね。

まずは自分好きな香りの花やフルーツを探す所から始めますと創作意欲も湧き出しますのでおすすめです。

スポンサーリンク
レクタングル大