クレヨンを使ったキャンドルの作り方とは!?

クレヨンでキャンドルの色は出るの?

キャンドルに色をつけるには基本的にキャンドル用顔料を使います。

顔料は自分の好きな色を作ることもできますし、また粉状の使いやすいタイプがよく使われます。

クレヨンで色は出るのか?と言う質問は多いですが、この答えはイエスです!

クレヨンはキャンドルの原材料であるワックスと非常に相性が良く溶けやすくそして混ざりやすいのです!なのでクレヨンはキャンドルの顔料として適しています。

クレヨンはどこで買う?

このクレヨンですがお子さんがいない家庭ではあまり家にあるものでは無いと思います。

なので100均やホームセンターなどの大型量販店に言って購入するのがおすすめです。

クレヨンを使った様々なキャンドルたち

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-21-52-51

素敵な色合いのキャンドルです!!

これは別々の色のキャンドルを作っていき、固まったキャンドルの上から新しい色のキャンドルを流し込んで作っています!センスありますね!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-21-59-28 コチラのキャンドルも上記のキャンドルと似ているキャンドルですね♪

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-22-00-03

卵型のキャンドルです!!クレヨンで色を付けているので色鮮やかですごい可愛いですね♪

クレヨンを使ったキャンドルの作り方

材料

ロウソクやパラフィンワックス、マイクロワックス

ワックスが無ければ100均でロウソクでも良いです。

紙コップや牛乳パック、ガラス容器

使わないガラス容器に入れますとそのまま使えるのでインテリアにもなり、オススメです。

紙コップなどの容器は固まったらすぐに破り捨てて下さい。すぐに破らないとキャンドルにくっつく恐れがあります。

割り箸

キャンドルの芯を固まるまで割り箸に芯をくくりつけて固定するのに使います。

クレヨン

お好みのクレヨンを用意します。グラデーションにする場合は多めに色を選んで混ぜるのがポイントです。

キャンドル用芯

100均のロウソクですと溶かしたときに芯が出てくるのでそちらを使います。

もちろんキャンドル用の芯を購入するのが一番いいです。

ボールや片手鍋

クレヨンやワックスを溶かすのに使用します。

一番はホーロービーカーが色も見やすいのでワックスの状態の変化が分かやすく作りやすいです。

手順

1,クレヨンをカッターやハサミで粉々にします。

2、切ったキャンドルもしくはワックスを湯煎にかけて溶かしていきます。

3、溶かしたキャンドルに1で削ったクレヨンを混ぜていきます。

4、用意した容器に芯を割り箸で固定した状態で流し込みます。

5、30分から1時間経ち完全に固まったのを確認したら、容器から取り出して完成です。

たったこれだけの手順でクレヨンを作ったキャンドルを作れます。

ぜひ様々な色のクレヨンを混ぜて可愛いキャンドルを作ってみて下さい!

スポンサーリンク
レクタングル大