自由研究におすすめ手作りキャンドルを作ってみよう♪

自由研究としてキャンドルを題材に出来る?

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s

自由研究って色々取り組める物があって決めようとするとたくさんありすぎて何にするか迷いますよね?

そんな悩める子どもたちにオススメしたいのが手作りキャンドルです!!

キャンドルなんて作れるの??

火を使って危ないんじゃないの?とか思うかもしれませんが、そこは親や少し上の兄や姉と一緒に作れば何も心配はありません。

今回はどの様にして自由研究のテーマとして手作りキャンドルを作る方法キャンドルに使う素材などもいくつかご紹介していきます。

キャンドル専門の教室に親と一緒に参加する。

キャンドル専門の資格を持ったプロが開いているキャンドル教室などで学ぶこともできます。夏休みの間だけ、自由研究をテーマとして特別な教室を開いているところもあります。

キャンドルキットを買って自宅で作る

こちらはネットや量販店で売っているよなキットを買ってきてそのまま作ってしまう方法です。簡単に作れますが、手作り感は今一つで達成感もあまりないです。

材料を自作して様々なキャンドルを作る

一番ハードルが高いと言えば高いですが、好きな材料や、自分の作りたいものがはっきりしている場合には様々なキャンドルを作って比較などしやすく自分だけのオリジナルの自由研究を行う事もできます。

どの方法が一番良いのか?

基本は上記に上げた3択になると思います。

中でも一番オススメなのは材料を自分で用意してその用意した材料のキャンドルを何個か作っていきキャンドルの比較をテーマとして扱っていきます。

キャンドル教室もキャンドル協会本部公認の資格を持った専門性が高いプロが教えてくれるような教室で習うことで、

詳しいキャンドルの資料やノウハウも教えてくれるので、こちらも自由研究として扱いやすい方法です。

キットを買うのは誰でも簡単に作れてしまうため、研究としては今一歩です。

研究としてレポートを提出するなら、自由研究のタイトルや作ろうと思った動機や用意した材料、出来た後の感想など

様々な素材を使ってキャンドルを作り、それをグラフなどの表にして数値化をするとより自由研究のレベルも高くなります。

例えばですが、素材毎の沸点の違いや形状や色などを変化を細かくデータを取っていくとまとめていくと様々な比較もできますので

ぜひ!色々な素材を買ってきて楽しくてワクワクする自由研究を行って下さい♪

スポンサーリンク
レクタングル大