手作りジェルキャンドルを100均の材料でお手軽に作る

前回100均で低コストで可愛く作れるキャンドルの材料に代用品などを紹介しました!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-10-47-48

今回はジェルキャンドルと呼ばれるキャンドルの材料と作り方を紹介します!!

このジェルキャンドル見た目がとっても可愛くて鑑賞用に火を灯しながらゆっくりと見るのもおすすめです。

また100均ではジェルキャンドル専用のコーナーを設けている100均もあるくらいでかなり人気があることが分かります。

ジェルキャンドルの材料

耐火用グラス

ロウソク芯

ゼリージェル

カラーサンド

ジェルキャンドル用顔料

見栄えを良くするアイテム

貝殻や小石

魚や様々なオブジェ

フロストグラスボール

このあたりは自分が描いているデザインに沿った材料を集めます。

たとえば、さかなが泳いでいるようなデザインのジェルキャンドルなら、魚を2匹か3匹くらい浮かべて、下には水色や白いフロストグラスボールを使えば海のような色を演出できます。このようにジェルキャンドルを作る上で大切なのはイメージです。

ジェルキャンドル作り方手順

1、ゼリージェルはIHヒーターなどで片手鍋に移して溶かします。ジェルを混ぜずに温めきれば気泡などは発生しないジェルキャンドルを作れますので、混ぜないで溶かしていきます。直火での加熱は温度が一気に上がり危険なのでやめて下さい。

2、ジェルキャンドルに色をつけるにはクレヨンでは色をつけるに事は無理なので、専用の顔料を使います。好きな色で構いません。

使い方は溶かしたジェル50gに対して10滴ほど使うと色がつきます。あらかじめ1滴づつ色を見て調整して頂くと好みの色をつけることができます。

3、基本は耐熱ガラスを器にするのですが、2枚貝を器にするととってもオシャレに見えますのでおすすめです。

まずは割り箸に芯を固定させて芯を動かないように止めます。

4、ガラスの器にカラーサンドを入れて砂の層を作ります。

ここで好きなオブジェやテーマがある場合は、それらを砂の上に設置します。

5、溶かしたゼリージェルを器に流し込みますオブジェや砂が動いてしまった場合は竹串などで調整しましょう。

6、冷めたらジェルキャンドルの完成です!!

オブジェなどの配置や器のテーマは自分で最初に決めて、ある程度イメージを持ってから作品を作りましょう。

終わりに

いかがでしたでしょうか??ジェルキャンドルは100均の素材で作れる初心者向けのキャンドルですので、まだ1回も作ったことがない方におすすめですので、是非チャレンジしてください!!

また自分が好きなテーマに沿って作りやすいのもジェルキャンドルの特徴ですので、ぜひ色々チャレンジして作ってください。

スポンサーリンク
レクタングル大